いおり鍼灸院ロゴ

ご予約・お問い合わせ

交通アクセス

大阪市営地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅①番出口より徒歩1分

 当院で初めて治療を受けられる方へ

当いおり鍼灸院では、日本の伝統的な鍼灸医学(東洋医学)を大切にしています。
それは中国を源流にしながらも、日本人の体質に合うよう独自の発展を遂げてきました。

鍼灸医学とは、からだ全体の「気」の偏りを調整し、人に本来備わっている自然治癒力を高めて痛みや病気を治していくのです。痛む所や患部に直接鍼を施すだけでは、本当の意味での治療効果は望めません。

また、人が生きていく上で切り離すことのできない気候風土、地域社会・家族との関係、食習慣や生活習慣などの環境、さらに湧き起こる感情、人生上の目的や信念などとの関係性も重要視しています。

■初診時のお願い

いおり鍼灸院では、患者様の病歴や日常の生活習慣、お身体を取り巻く環境等をおうかがいする「問診」をとても大切にしています。
そのため、初診時は2時間ほど診療に時間をいただきますので、ゆとりを持ってお越しください。
(再診時の治療時間は通常 1時間前後です。)

現在服用されているお薬や健康食品がございましたら、それらの内容がわかるものをご持参ください。
※今まで大きな病気をなさったことがある方は、病気の内容とその時期をまとめておいてください。

・お顔や爪の色、舌の苔(こけ)の状態等も拝見いたしますので、できるだけお化粧やマニキュア等はなさらずにお越しください。
・治療の前にコーヒーやジュース、カレー等の舌に色がつくものの飲食、あるいは舌のコケを取るブラシの使用はお控えください。
・診察や治療の際に、背中や腹部、脚部(ひざ下)等を拝見いたしますので、できればTシャツや短パン等をご持参ください。

■初診時の流れ(所用時間:約2時間)

1.「問診表」をご記入いただき、それに基づいた問診を行います。

問診表

現在お悩みの症状についてはもちろんのこと、日頃の食生活や生活習慣などをさまざまな角度から把握するために、まずはアンケート形式の「問診表」に、現在の状況をご記入いただきます。

その後、スタッフが患者様の体質や症状の原因をより正確に把握するためにお話を伺い、情報を収集させていただきます。

2.東洋医学独自の診察法(舌診・脈診・腹診など)を行います。

診察風景

問診後は、診療ブースにてお顔の色、舌の色や苔(こけ)の状態、脈の強弱や打ち方、爪の状態、手足や背中の経穴(ツボ)の状態、腹部の状態等を多面的に診察します。

問診でお伺いした情報と、お身体から読み取れる情報を合わせて、現在のお体の状況を東洋医学的に診断し、治療方針を立てます。

3.治療~安静休憩。

毫鍼

治療方針を決定後、鍼(灸)を使った治療を行います。使用する鍼はすべて滅菌された使い捨てタイプですので、感染症などの心配はございません。また、髪の毛ほどの非常に細いものを中心に使用しますので、痛みは感じにくくなっております。
(痛みの感じ方には個人差があります。またお身体の状態によっても変化します。)

鍼を刺す経穴(ツボ)は1カ所から3~4カ所程度です。

※いおり鍼灸院では、電極などの機器は一切使用しておりません。治療は全て手技にて行います。

4.現在のお身体の状態と治療内容、今後の治療方針や養生方法をご説明します。

養生法の説明

治療終了後、現在のお身体の状態と治療内容について、今後の治療方針や治療頻度等を含めてご説明いたします。

また、お身体の状態をよりよく保つための方法や、日常においてご自身でできる養生法などについてもアドバイスさせていただきます。

▶ ご予約・お問い合わせ はこちらへ

ページトップへ